「ほっ」と。キャンペーン
Nana の写真&絵日記ブログ
nanalark.exblog.jp

ななの写真&絵日記です。生き物(特に野鳥)の写真を撮る事が多いです。
カテゴリ
全体
写真日記(野鳥)
写真日記(その他)
絵日記
ひとりごと
プロフィール
標識調査
以前の記事
リンク
Nana's Gallry
ななのホームページ
花鳥茶屋@BLOG ...
野鳥・折々の記録

人気blogランキング
もし、気に入っていただけたら、
ポチッと押してくださいませ。。
お気に入りブログ
ライフログ
人気ジャンル
記事ランキング
画像一覧
<   2005年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧
会社にて
仕事中、社長や上司の間で、

大事な書類をいつも入れている 半透明の袋の名前の話になった。

「この袋の名前は何だろう・・」

「ビニール袋じゃないしなぁ。」

「・・・・・」



私 「ん~・・・。お・袋・・・?」



アルバイトの分際で発言、あぶなくぶっ飛ばされるとこだった。(^^ゞ

それでも懲りずに、

つかれふくろ様です。・・・と、日誌に書き残してきた。

明日こそ アブナイ!?!?

人気blogランキングへ
[PR]
by nana_lark | 2005-09-30 23:49 | ひとりごと
空の地図、未来の行方
仕事帰り、いつものように二酸化炭素を排出しながら信号待ちをしていた。

ふと空を見ると、カワウが2羽寄り添って 飛んでいた。

お互いの距離を少しも変えずに、ただまっすぐと・・。

そんな風景、あたりまえといえば あたりまえ。


だけど・・・友達と遠出する時だって、助手席の友達と 行き帰りとずっと

地図を見たり、カーナビを見たりして 進路の相談をしながら運転する。


それなのに、カワウ2羽は、会話もせずに 空の地図も見ずに、

どうしてあんなにぴったり寄り添って、どこへ向かっているのだろう。


空を飛ぶ飛行機のコックピットは あんなにメーターや器具でいっぱい。

編隊を組む時だって、そりゃきっと正確に連絡し合うにちがいない。

それなのに、鳥たちはその小さな体のどこに そんな能力を潜めて

標識も地図もない空を 会話もなしに飛んでいるのだろう。


空を飛ぶ飛行機の燃料は、どれくらい積んでるのかわからないけど、

鳥たちは、特に渡りをする小鳥たちは、

あの小さな体のどこに そんなエネルギーを蓄えているのだろう。


そんなことを考えながら、二酸化炭素を排出していた。


森林伐採、地球温暖化、オゾン層破壊、テロ、戦争・・・・・

私たちは、たくさんのあやまちを犯して、

鳥たちや、あらゆる生物を巻き沿いにして、一体どこへ行くのだろう。


私たちは、これから、何をすべきなのだろう。


ん~、ちょっと まじめなことを書いちまった。
[PR]
by nana_lark | 2005-09-30 23:32 | ひとりごと
秋晴れ
e0024111_2375973.jpg


人気blogランキングへ
[PR]
by nana_lark | 2005-09-30 23:08 | 写真日記(その他)
コガラ
e0024111_2371158.jpg


人気blogランキングへ
[PR]
by nana_lark | 2005-09-30 23:07 | 写真日記(野鳥)
コスモス
また追加~♪(^^ゞ

e0024111_22515323.jpg


人気blogランキングへ
[PR]
by nana_lark | 2005-09-28 22:52 | 写真日記(その他)
コスモス
e0024111_1125478.jpg


人気blogランキングへ
[PR]
by nana_lark | 2005-09-27 01:12 | 写真日記(その他)
コスモス&ずずめ
e0024111_1115781.jpg


人気blogランキングへ
[PR]
by nana_lark | 2005-09-27 01:11 | 写真日記(野鳥)
コスモス
e0024111_1105479.jpg


人気blogランキングへ
[PR]
by nana_lark | 2005-09-27 01:10 | 写真日記(その他)
コスモス
e0024111_17162.jpg


人気blogランキングへ
[PR]
by nana_lark | 2005-09-27 01:09 | 写真日記(その他)
クロツグミ
e0024111_23495071.gif


いつか・・2~3年ほど前でしたでしょうか。。

友達家族とドライブ中、猫の餌を買うため、ペットショップに入ったのです。

そこには・・。

ヤマガラ、メジロはもちろん、オオルリ、ウソ雄、それから。。クロツグミがいたのです。


もちろん、標識調査やバンディングと一緒にしてはいけないかもれませんが、

あの子たちは、今思うとおそらく、霞み網で捕まえられたのではないでしょうか。


印象に残ってる事、それは、クロツグミのことです。

パッと見て、クロツグミかわからなかったのです。

一番すみの薄暗い小さな籠に、それはもう、ボロボロになって・・。


毎年夏になると、広島の原爆の 白黒の画像の番組などで、

ブルブルと震えたおかっぱの小さな女の子が写されるのをご存知でしょうか?

まさに、あの子のような表情なのです。大げさではありません。


他の鳥たちもそうでした。その時は、とても不思議だったのですが、尾羽が綺麗な子は

1羽もいなかったのです。籠のせいなのか何なのかは、私にはわかりません。

外で自由にキラキラと羽ばたいている姿からは、ほど遠い姿をしていました。


たとえそこで、お金を出してクロツグミを買って、森に返したところで、

その子は 野生に帰れるでしょうか。

とてもとてもそうは、思えないのです。

今でも、その子の目が 忘れられません。
[PR]
by nana_lark | 2005-09-23 00:06 | 標識調査